FX

スワップポイントとは?

確実に利益が出るスワップポイントとは?

 

FXで利益を出すには外貨を底値で買い、高値で売る、もしくは高値で売り底値で買い戻す為替変動によるものがあります。

 

たとえば米ドルを78円で一万通貨購入し、米ドルが79円になった時に売却すれば1万円の利益を出すことが出来ます。

 

しかし為替変動は常にリスクがあり、また高いレバレッジで取引をした場合為替変動により一挙に口座資金の大半を失ってしまうことがあります。

 

為替変動で取引をするのであれば低いレバレッジで行い極力リスクを下げることが大切です。

 

またFXではもう一つの利益を出す方法があります。それはスワップ金利といわれるものです。

 

FXでは二つの通貨使い取引をするのですが通貨には金利があり、日本やスイスなどは2012年時点で、超低金利です。

 

日銀が他の銀行にお金を融資する時に生じる政策金利は0.1%程度、スイスの政策金利は0%です。

 

またオーストラリアの政策金利は2012年の時点で、政策金利が3.5%と他の通貨と比べてかなりの高金利、そこで日本円を売り、オーストラリアドルを購入すると、
金利差が生じるのでその金利差が自分の利益になります。

 

しかし逆もあります。オーストラリアドルを売り、日本円を購入すると安い政策金利の通貨を購入したのでその分金利差を払わなくてはいけないのです。

 

ちなみに外貨を購入したときからスワップ金利は発生してきますので極力長い時間決済をしないで外貨を持つことによりスワップ金利がその分多く貰えるので、
スワップ金利で利益を出す場合、為替変動に耐えられる低レバレッジでオーストラリアドル、ニュージーランドドルなど政策金利が高い通貨を購入すると効果がはっきりと確認できるでしょう。

 

スワップ金利の内容が分かったところで一日いくらの金利がもらえるのか?気になるところです、FX会社によりもらえるスワップ金利は違うのでFX公式サイトで確認しておきましょう、
また長期間ポジションを持つために二つのことを確認することが大切です。

 

1.FX会社ではスワップ金利をもらう時にポジションを決済しないと口座から引き出しができないFX口座があります。
しかし少数ですが、1000通貨でもポジションを決済しない状態でスワップ金利を引き出せるFX口座があります。外為ジャパン、外為どっとコムなどが上げられます。

 

せっかく底値で購入したポジション決済をしてしまうと底値のポジションは消えてしまうのでまた新たに底値になるまで待たなくてはいけません、しかしポジションを決済しなくても
スワップ金利を引き出せる口座はそんなことを心配する必要はありません。

 

2.スワップ金利を運用する時にどうしても為替変動によりマイナスになることがあります。そんな時に活用するのが両建てポジションを持つことができるか確認しておきましょう。

 

両建てとはオーストラリアドルなどの通貨を買いポジションで持っている時に、買いポジションを決済しないで売りポジションを持つことです。

 

たとえばオーストラリアドル80円で1万通貨購入し、為替変動により80円→75円になったとします。一万通貨で5円動くとマイナス5万円の含み損になります。
これ以上含み損を増やさないためにオーストラリアドル1万通貨売り注文を出すと、買い注文と売り注文同時に持つことになるので含み損が増えることがなくなります。
しかし両建てをした場合、売り注文のスワップ金利が買い注文のスワップ金利より高いので両建てをしている限りわずかながらのスワップ金利を毎日払うことになります。
またFX会社によっては両建てをする時に保証金が必要ない会社もあります。

 

2012年現在外貨のスワップ金利は2006年度と比べてかなり少なくなりました。しかし確実に利益が出せるスワップ金利、低レバレッジで長期間運用すると確実に利益につながります。

 

スワップ金利で利益を得るのであれば極力底値で購入するためにチャートで長期間の為替変動を確認しましょう。