FX

FXを始めるには何が必要?

FXを始める時は何が必要?

 

FXを行うには最初にFX口座が必要です、FX口座を開設するにはさほど難しいことは有りません。

 

FX口座を開いたら取引をするために保証金(お金)が必要です。

 

FXのサービスを提供しているFX会社が公式サイトを持っているので公式サイトでFX口座を開く手続きをします。

 

初心者でも1000通貨の少額の資金でFXを取引ができるYJFX!公式サイトを使い口座開設を説明します。(YJFX!はFX口座の種類が三種類ほどありますが、初心者が行いやすい外貨exを例に挙げます。)

 

公式サイトのTOPページの右側に“個人の口座開設”のバナーが有るので、バナーをクリックして口座開設ページを開きます,画面に「外貨ex」・「MT4」・「くりっく365」口座の新規口座開設のお申込みはこちらをクリックします。

 

画面上に

 

書面の電磁的な方法による交付に関して・店頭デリバティブ取引に係るご注意などが書かれています。
FXに対する規約が書かれています。
個人情報の保護に対して、反社会的勢力ではないことの確認などが書かれています。

 

画面上の規約や同意に関しては非常に大切なことなので必ず目を通し確認することが大切です。

 

4.次に氏名、氏名フリガナ、生年月日、性別、郵便番号、住所などを入力します。

 

入力が終わったら次に本人確認の書類をメール、FAXで送ります。

 

本人確認が終わったら一週間程度で自宅にFX口座の内容が書かれた書留が送られてきます。

 

口座の書留が来たら個人IDとパスワードが書かれているで、IDとパスワードを使いYJFX!画面からログインします。(ログイン専用画面からログインした方がSSL(暗号化)されているので安心です)FX口座を開いた後取引をするための保証金(お金)が必要になります。

 

保証金は多ければ多いほどリスクが小さくなりますが、1000通貨で取引をするのであれば、3万円程度の保証金があれば十分です。